Moguのffbe幻影戦争プレイ日記

スマホアプリ「ffbe幻影戦争」のプレイ日記です。不定期更新、気が向いたら連続更新!

新たな力を求めて…。

☆これまでのおはなし☆

2ヶ月の沈黙を破りようやく復帰したMogu。

久しぶりに再開したメンバー、新加入したティファとの出会いに喜んでいた。

しかし、

この休止期間によって、彼女たちは時代に乗り遅れ、他のユーザーとの戦力差は明らかなのであった…。

 

☆新たな力を求めて…。☆

Mogu「さーて、ずいぶんとここを離れちゃっていたから、やる事がいっぱいあるわねー。」


f:id:Mogux2:20210513150837j:image

 

Moguのいない間、軍は優秀なる秘書「囁きちゃん」によってなんとか活動はされていたものの、

時代の流れに乗り遅れていた。

 

Mogu「さっそく軍の戦力アップを試みないといけないわね…。」

 

パラパラパラ…。

 

Moguは手元にある軍の資料を眺めている。

資料にはメンバーの能力、武具一覧、VC一覧、召喚獣などが載っていた。


f:id:Mogux2:20210513135706j:image

 

Mogu「あら、なにかしら囁きさん。」

 

囁き「先日運営による国営放送があったのですが、そこで気になる情報がありました。」

 

Mogu「ふむ…。どんな情報だったの?」

 

囁き「今月中に、武具育成キャンペーンというイベントが開催される予定のようです。これは武具のステータス上昇率があがったり、クエストでの秘伝書のドロップ数が上がる、といったイベントの様でした。ですので武具作成はこの期間に行うのがよろしいかと…。」

 

Mogu「ほうほう…。つまり刻印やハンマーを節約して武具を作成、強化出来るわけね!これはお得じゃない!となると、ほかの項目から戦力アップを狙わなきゃね~…。」

 

パラパラパラパラ…。

 

Mogu「うん!やっぱり手軽に戦力アップといえばこれだね!そして~…、こいつを狙おう!」

 

バンッ!

 

Moguはひとつの資料を取り上げた。

 

囁き「うっ………。」

 

その資料を見た囁きは、眉を細め、思わず声が出てしまった。

 

Mogu「さぁ、囁きさん!みんなをミーティングルームへ呼び出してちょーだい♪」

 

囁き「……承知致しました。」•́ω•̀)

 

囁きが表情を変える程の資料とはなんなのだろうか…。

 

☆ミーティングルーム☆

ガヤガヤガヤガヤ!!

 

ワイワイワイワイ!!

 

ミーティングルームには囁きによって集められたメンバー達が集結していた。

 


f:id:Mogux2:20210513143758j:image


f:id:Mogux2:20210513143818j:image


f:id:Mogux2:20210513143833j:image


f:id:Mogux2:20210513143844j:image


f:id:Mogux2:20210513143852j:image


f:id:Mogux2:20210513143900j:image

 

呼び出されたメンバーは、

久しぶりの任務が始まることに気合いが入っていた。


f:id:Mogux2:20210513143942j:image

 

バタン!

 

Mogu「やぁ諸君!待ちに待った任務の開始だよ♪」

 

随分と上機嫌なMoguが入ってきた。

 

オルドア「さぁ~Mogu様!どんな任務かお教え下さいマセッ!このオルドアちゃんが、ぱぱぱぁ~っとこなして差し上げますデスよっ!!」

 

イェルマ「ちょっ!おい!まだオルドアが任務のメンバーに入ったのかは決まってないだろ!?抜け駆けはずるいぞ!」

 

低レアA「オレに行かせてくれ!」

 

低レアB「いーや、ここはオレに任せな!」

 

低レア「いーえっ!私よっ!」

 

ガヤガヤガヤガヤ…!!

 

まだ任務内容を伝えてないにも関わらず、

メンバー達は任務遂行メンバーの取り合いになっていた。

 

Mogu「はいはい、落ち着いて!まだなーんにも話していないんだから!あんまりうるさいと、全員任務抜きよっ!!」

 

しーーーーん…( ˘•ω•˘ )

 

Mogu「ふふ♪よろしい…。今回、久しぶりに活動を再開するにあたり、まずは他ユーザーとの戦力差を埋める!そこで私が目をつけたのはズバリ…」

 

メンバー「ズバリ…?」(; ・`д・´)ゴクリンコ

 

Mogu召喚獣を☆3覚醒させることよーっ!!」

 

バンッ!

 

Moguは思いっきり机を叩いた。

それ程にMogu自身も気合いが入っているのだ。

 

メンバー「うぉぉぉおおおお!!!!」

\( 'ω')/ウオオオオオアアアーーッ!!

\( 'ω')/ヒィヤッハァァァァァァァア!!!

ウオオオオアアアア( 'ω')/アアアアアッッッッ!!!!!

 

狂喜乱舞…まさにこの現状の事を言うのだろう。

 

Mogu「そしてぇー、コイツが今回のターゲットよぉおお!!!」

 

バァァァアアンッ!!

f:id:Mogux2:20210513150219j:image

Moguはターゲットの写真をホワイトボードに貼り付け、全員に見せた。

 

メンバー「うぉぉぉおおおお!!…………お?」

……………

………

((;゚Д゚)

 

一気に場が静まり返った…。

 

期待していた任務。

召喚獣とのバトル。

久しぶりのアピールの場。

それがよりによって

嫌われ者のモルボル

だったとは…。

 

☆次回☆

「最凶の出撃メンバー」